トップライト | サイシュウテクノ株式会社

トップライト

Lightingトップライト

弊社にてトップライトと排煙装置が対応可だから、安心価格!

メンテナンス充実!アルミ、スチール、ステンレス、ドーム、ハッチ、点検ハッチ、どんなトップライトも対応できます。各種メーカー取り扱っていますので、まずは無料の調査・見積をお気軽にご依頼ください。

新築の設置

トップライトは大空間の工場、倉庫、商業施設など、省エネ・省コストを追及するため、 多く採用されています。

雨漏りのご相談

トップライトから雨漏りは、当社におまかせください。雨漏りの原因を特定・解消いたします。
全て自社の職人が工事を行うので、素早いご対応が可能です。

改修について

全体的に調査し、不具合箇所をピックアップいたします。
調査→お見積→ご契約→施工の流れで、一貫して当社工事で行います。
材工全て当社で行う為、価格・施工ともご満足いただけます。

メンテナンス

アルミ、スチール、ステンレス、ドーム、ハッチ、点検ハッチ、どんなトップライトも対応できます。
まずは無料の調査・見積をお気軽にご依頼ください。

トップライトのメンテナンスが必要な理由

トップライトとは、明り取り用の天窓のことです。自然光の取り込みができるというメリットがある一方で、夏場は暑くなりやすく、ガラス面が汚れやすいという問題点があります。簡単にいうと、トップライトは屋根に開口部を作って窓枠をはめ込んでいるようなものです。古いトップライトをメンテナンスせずに使い続けると、雨漏りやガラスのひび割れ、窓枠の腐食などのリスクが高まります。天窓自体の寿命は25~30年ほどありますが、雨漏りのリスクを減らすためには、屋根材や屋根塗装の耐用年数に合わせて10年ごとに点検やメンテナンスを行うのがおすすめです。屋根工事と同時に行うと、足場を共用できるので、効率が良く費用も抑えられます。

トップライトの雨漏りに関して

トップライトは屋根に穴を開けて窓をはめ込んでいるため、防水工事がしっかりできていないと窓枠や屋根材の腐敗が進んでしまいます。また、屋根は常に雨風や直射日光にさらされている場所です。経年劣化が進みやすいため、もともと雨漏りのリスクは高いといえます。特に既製品が使われるようになる以前に設置された古いトップライトは、大工の手仕事によるものです。耐久性の低いものや屋根材に負担をかけているものが含まれている場合もあります。雨漏りの修理依頼をする場合は、技術力の高い良心的な業者を選ぶことが重要です。見積書を取り、工事の内容や費用の内訳の確認を怠らないようにしましょう。雨漏りの原因やトップライトの状態、予定している工事の内容など、納得のいく説明や提案を受けられるかどうかがよい業者を選ぶためのポイントになります。


既に他社製品をお使いの場合も、メンテナンス・パーツ交換いたします。

一部の製品については、他社さまで設置されたものをそのままお使いいただき、
弊社でパーツ交換・メンテナンスが可能です。
撤去する必要はありませんのでご予算が限られている場合はご安心ください。

メンテナンスのご相談

Contactお問い合わせ・ご相談

設置前のご相談CONTACT

ヒアリング
現場視察
HEARING

全国どこでも対応可能!

ご要望やご予算・お悩みなどについてお伺いいたします。また、サイシュウテクノでは必ず現場の状況を実際に拝見し、機器の設置台数や場所についてご提案しております。

プランニングPLANNING

設置台数の目安や工事の有無などを事前に確認したいなど、まずはお気軽にご相談ください!